ブックメーカー「ウィリアムヒル」

いわゆる「ブックメーカー(スポーツブック)」と呼ばれる海外に拠点を置くスポーツに関する賭け屋は、世界中に数千社あると言われています。インターネットが普及するまでは、いわゆる路面店だけで、その店に行ってスポーツの勝敗について賭けをするしかできませんでした。

しかし、インターネットの爆発的な普及によって今やオンライン上で世界中のあらゆるところからあらゆるスポーツが賭けの対象になっていきました。そして、日本においてもブックメーカーを気軽に楽しめる事態に突入しました。

数あるオンラインブックメーカーの中でも、日本語にも対応していて人気のあるブックメーカーが「ウィリアムヒル」です。ブックメーカー ウィリアムヒルは、創業開始が何と1934年と80年の歴史を持つ老舗ブックメーカーで、ロンドン証券取引所にも上場しているイギリスの大手スポーツブックです。

オリンピックやワールドカップについてテレビや新聞が「スポーツブックのオッズでは日本は〇〇倍となっている」といったものの多くは、スポーツブック ウィリアムヒルが発表したオッズが引用されていることが多いですね。そういう意味では、日本においても信頼性のおけるブックメーカーであり、かつなじみの深いスポーツブックであると言えるでしょう。

来月から行われるブラジルW杯の日本代表に関するオッズもウィリアムヒルは発表していたので、ちょっとここで紹介したいと思います。

<日本のW杯成績オッズ>
・グループリーグ敗退:1.61倍
・ベスト16敗退:2.87倍
・準々決勝敗退:7.00倍
・準決勝敗退:34.0倍
・準優勝:101.0倍
・優勝:126.0倍

日本代表はこれまで2度ベスト16入りを果たしていますが、ベスト8進出はまだかなっていません。ベスト16までは十分あり得るオッズとなっていますが、準々決勝進出となると急にオッズが跳ね上がってしまいますね。

どこまで日本代表が勝ち進めるのかを予想する時に、ウィリアムヒルのように具体的にオッズを発表し、その数値を見ながら予想してスポーツ観戦を楽しむのもいいものだなと思います。

ブックメーカーウィリアムヒルは、長年の信頼と人気を得ているスポーツブックです。今回のブラジルW杯を契機に一度遊んで見るのもいいのではないでしょうか。